/

この記事は会員限定です

北海道からアフリカ進出、インフラ検査に商機 中小2社

[有料会員限定]

北海道の中小企業2社が独自開発のインフラ検査技術でアフリカ市場に進出する。画像認識システム開発の岩根研究所(札幌市、岩根和郎社長)は道路のひび割れを効率的に発見するシステムをモザンビークの道路公社に納入する。検査技術開発の日東建設(北海道雄武町、久保元社長)はナイジェリアでコンクリート強度を確認するハンマーを販売する。

アフリカは経済成長に伴うインフラの拡大が見込まれる。ただ検査技術が未熟で人材も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り670文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン