病児保育室の新設広がる

2017/9/23 7:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

病気の子供を預かる病児保育室を新設する動きが東京都内で広がってきた。訪問型病児保育サービスのNPO法人、フローレンス(東京・千代田)は渋谷区と連携し、同区初の病児保育室を10月に開く。品川区や港区は今後、施設を増やす計画だ。仕事を急に休めない親を中心に病児保育のニーズは高まっている。施設の整備により、仕事と子育ての両立を後押しする。

フローレンスが10月1日に開設する「病児保育室フローレンス初台…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]