/

この記事は会員限定です

静岡県中部 進む物流施設整備 利便性着目

[有料会員限定]

静岡県中部で物流施設の整備が進んでいる。10月に大和ハウス工業が富士市で大型施設を稼働させ、地元企業も相次ぎ拠点を設けている。東西を結ぶトラック輸送の中継機能に加え、清水港のコンテナターミナル拡充や中部横断自動車道開通をにらみ、山梨、長野両県からの物流需要を狙う。県も策定中の次期計画を通じ、物流活性化と企業誘致を進めていく考えだ。

20日竣工した大和ハウスの「DPL新富士」は複数のテナント企業が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り844文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン