米国産冷蔵牛肉が下落 輸入制限の対象外、供給増映す

2017/9/21 22:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国産牛肉の国内卸値が下落に転じた。ステーキや焼き肉に使う冷蔵(チルド)品は前月末比2~14%安い。米国産のうち冷蔵牛肉は、政府が8月に発動した緊急輸入制限(セーフガード)の対象外。飼育頭数の増加で供給圧力が強まり、現地の出荷価格の下げが波及した。食品スーパーでは値下げを検討する動きも出てきた。

9月下旬時点のステーキ向けロース肉(リブアイロール)の卸価格は1キロ2875円前後と前月末比14%安…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]