/

この記事は会員限定です

米国産冷蔵牛肉が下落 輸入制限の対象外、供給増映す

[有料会員限定]

米国産牛肉の国内卸値が下落に転じた。ステーキや焼き肉に使う冷蔵(チルド)品は前月末比2~14%安い。米国産のうち冷蔵牛肉は、政府が8月に発動した緊急輸入制限(セーフガード)の対象外。飼育頭数の増加で供給圧力が強まり、現地の出荷価格の下げが波及した。食品スーパーでは値下げを検討する動きも出てきた。

9月下旬時点のステーキ向けロース肉(リブアイロール)の卸価格は1キロ2875円前後と前月末比14%安...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り526文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン