富士通、国連の環境技術普及に参画 特許200件を登録

2017/9/18 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 富士通は国連が運営する環境技術の普及事業に、日本のIT企業で初めて参画する。米ゼネラル・エレクトリック(GE)などが加わる技術紹介システムに、富士通の特許技術約200件を登録する。新興国や途上国の企業が環境対策を施せるように技術支援する。世界で温暖化対策が急務ななか、日本で培った省エネ技術を輸出商材に育てる狙いだ。

 国連の世界知的所有権機関(WIPO)が運営する環境技術紹介システム「WIP…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
2:00
東北 19日 21:00
19日 21:00
関東 2:00
2:00
東京 19日 22:00
19日 22:00
信越 2:00
2:00
東海 2:15
2:00
北陸 2:00
2:00
関西 2:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
1:30
九州
沖縄
2:00
19日 22:15

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報