/

この記事は会員限定です

富士通、国連の環境技術普及に参画 特許200件を登録

[有料会員限定]

富士通は国連が運営する環境技術の普及事業に、日本のIT企業で初めて参画する。米ゼネラル・エレクトリック(GE)などが加わる技術紹介システムに、富士通の特許技術約200件を登録する。新興国や途上国の企業が環境対策を施せるように技術支援する。世界で温暖化対策が急務ななか、日本で培った省エネ技術を輸出商材に育てる狙いだ。

国連の世界知的所有権機関(WIPO)が運営する環境技術紹介システム「WIPO GRE...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン