お肌も喜ぶ日本酒 車多酒造、保湿成分3倍 金沢工大と開発

2017/9/16 6:17
保存
共有
印刷
その他

清酒「天狗舞(てんぐまい)」を製造する車多酒造(石川県白山市)は、肌の保湿成分を通常の約3倍含んだ飲用の純米酒を10月1日に発売する。3年かけて共同開発した金沢工業大学の尾関健二教授が、同成分に肌のコラーゲン量を増やす機能があることを学術的に実証。特許を出願中で「肌専用の日本酒」として売り出す。

製品名は「shu re(シュレ)」。発酵工程を工夫し、保湿機能を持つうまみ成分「α―EG」の含有量を増やした。300ミリリットル入りで価格は税別1500円。同成分を含んだ保湿クリームも6千円(30グラム入り)で同時発売する。ともに自社店舗や全国の百貨店などで扱い、純米酒だけで月間500本程度の販売をめざす。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]