2018年7月20日(金)

JR羽鳥駅、橋上駅化に着手 茨城県小美玉市、19年度末利用へ

2017/9/16 7:00
保存
共有
印刷
その他

 JR東日本水戸支社は15日、茨城県小美玉市と共同でJR常磐線羽鳥駅(同市)の橋上駅舎化などの工事に着手すると発表した。線路を挟んだ駅の東側と西側との行き来をしやすくするほか、エレベーターや多機能トイレなどを新たに設け、バリアフリー対応も図る。2019年度末の利用開始を目指す。

 仮囲いの設置など、既に一部の作業には着手した。橋上駅舎に加え、東西をつなぐ自由通路なども整備する。総工費は約19億円で、大半を市が負担する。

 同駅は現在、近くに歩道橋が設置されているものの、線路で東西を分断された状態にある。同市は総合計画で周辺地域を「陸の交流エリア」と位置づけており、橋上駅舎や自由通路の新設を通じて駅機能の充実や交流人口の増加などにつなげる。

 19日には同駅東側で工事の安全祈願祭を実施する予定。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報