日本酒の木桶醸造拡大 秋田・新政酒造

2017/9/15 7:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

銘酒「No.6(ナンバーシックス)」で知られる新政酒造(秋田市)は、日本酒の仕込みに木桶(おけ)の使用を拡大する。2018年に専用の蔵を開設。毎年数台をホーロータンクから切り替え、20年からは自社で秋田杉を使った木桶製造も始める。現在では仕込みに木桶を使う蔵が珍しくなっているが「味が複雑化して個性豊かになる」(佐藤祐輔社長)と、品質重視から将来はすべて木桶にする考えだ。

新政酒造は13年に木製「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]