/

この記事は会員限定です

日本酒の木桶醸造拡大 秋田・新政酒造

[有料会員限定]

銘酒「No.6(ナンバーシックス)」で知られる新政酒造(秋田市)は、日本酒の仕込みに木桶(おけ)の使用を拡大する。2018年に専用の蔵を開設。毎年数台をホーロータンクから切り替え、20年からは自社で秋田杉を使った木桶製造も始める。現在では仕込みに木桶を使う蔵が珍しくなっているが「味が複雑化して個性豊かになる」(佐藤祐輔社長)と、品質重視から将来はすべて木桶にする考えだ。

新政酒造は13年に木製「六...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り758文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン