2018年2月20日(火)

プロ野球

6回好投吉川光が初勝利、元パ戦士の活躍で巨人3位浮上

2017/9/13 23:51
保存
共有
印刷
その他

 優勝しなければ2位も3位も同じではなくなった。2007年の中日のように勝率2位から、日本一になったチームがある。10年のロッテは3位からだ。低迷していた巨人が3位に浮上し、クライマックスシリーズ(CS)の魔術に乗ろうとしている。

 この日の巨人は、さながら今季加入の“元パ・リーグ戦士”デーだった。先発吉川光(元日本ハム)は12年のパMVP。だが、巨人へ移籍した今季は調子が上がらず、なかなか勝てなかった。

 往年の球威はないが、この日は6イニングで8安打されながらも粘り強く後続を断ち、移籍後初勝利をあげた。9月半ばの初勝利はチームにとって大誤算だが、大詰めの3位争いに大きな光となる。

 1番打者の陽岱鋼(元日本ハム)は5安打の固め打ち。得点に絡んだのは二回の1本だけだったが、高橋監督は「トップ打者があれだけ打つと、流れ、勢いがこちらにくる」と顔をほころばせた。

 今や脅威の2番打者になったマギー(元楽天)は、二回に豪快な3ランを左翼へ打ち込んだ。第1打席では捕前ゴロで走らなかった。4、5打席でともに併殺打、九回の守りで一邪飛を緩慢に追った、などマイナス点はあったが、そのパワーはやはり脅威だ。

 高橋監督は「なんとかそこ(3位)へ入り込もうと頑張ってきた。まだ困難はいっぱい待ち構えているが、なにかを起こすという気持ちで臨む」と力強く話した。次は菅野、坂本勇ら、生え抜きが奮闘する番である。

(浜田昭八)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

317球を投げ込んでも中日・小笠原の下半身はどっしりしていた

 球数が250球を超えると、若い小笠原慎之介(20)も、さすがに肩で息をし始めた。「よいしょ」「駄目だ」……。疲労の極限に達しようというなか、自らを鼓舞し、叱咤(しった)しながらのブルペンでの投球は延 …続き (19日 20:05)

 ソフトバンクの工藤公康監督は19日、宮崎市内で取材に応じ、3月30日のオリックスとの開幕戦で千賀滉大投手を先発起用すると明言した。25歳の千賀は育成ドラフト4位入団でプロ8年目。育成出身の開幕投手は …続き (19日 19:28)

遊撃手の広岡にアドバイスを送る宮本ヘッドコーチ(右)

 伸び伸びとやるヤクルトキャンプの良さは保ちつつ、昨年までとは違う緊張感も漂う。ティー打撃で少しでも気を抜けば「それはスイングちゃうやん」。覇気を感じない若手には「若者らしく元気を出せ」。グラウンドで …続き (18日 19:55)

ハイライト・スポーツ

平昌五輪特設ページ

[PR]