パナソニック、テレビ11万台リコール 転倒の恐れ

2017/9/14 1:48
共有
保存
印刷
その他

 パナソニックは13日、液晶テレビ「ビエラ」の一部製品で本体が転倒する恐れがあるとして、計11万3462台を対象にリコール(回収・無償修理)を実施すると発表した。テレビを支えるスタンドのねじが緩んで転倒し、修理をする事例が12件あった。けが人は出ていないという。

 該当する製品は無料でスタンドの交換と補強を行う。対象となるのは「TH―L55ET5」「TH―L47ET5」「TH―L42ET5」「TH―L42E5」の4品番で、2011年12月から13年6月に製造した。問い合わせはフリーダイヤル((電)0120・878・590)まで。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

修理政府パナソニックリコール

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:01
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:02
6:01
関西 6:05
6:01
中国 7:01
7:00
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
12:59
10:33

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報