2017年11月24日(金)

鹿島、自動運転建機を実証実験 人手3分の1目指す

2017/9/13 23:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 鹿島は無人で自動運転できる建設機械の導入を本格化する。専用の実験場を設け、土木工事の現場でダンプカーなど3種類の建機を自動運転で同時に運用するシステムを開発する。2018年には実際の現場で運用を始める。30年には現場1カ所で建機を100台規模で自動運転できるようにし、土木現場の盛り土工事の作業員を3分の1に減らすことを目指す。

 神奈川県小田原市で土地を購入し、実験場を整備した。投資額は数億円とみ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

鹿島土木工事自動運転機械建設機械コマツ大林組大成建設



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報