/

この記事は会員限定です

徳島県、AIを率先活用 阿波おどり案内で成果

[有料会員限定]

徳島県が人工知能(AI)を活用した行政効率化に取り組んでいる。第1弾の実証実験として、阿波おどり前後の時期にAIを使った観光案内サイトを用意。有効性が確認できたため、様々な分野の行政システムで活用を模索する。まずは今年度内に、民泊手続きの案内に導入する計画だ。

「駐車場はどこ?」と入力すると、「どちらについて知りたいですか?」とのメッセージと共に、近隣の駐車場の情報が並ぶ。県が今夏の阿波おどり期間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1017文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン