徳島県、AIを率先活用 阿波おどり案内で成果

2017/9/14 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

徳島県が人工知能(AI)を活用した行政効率化に取り組んでいる。第1弾の実証実験として、阿波おどり前後の時期にAIを使った観光案内サイトを用意。有効性が確認できたため、様々な分野の行政システムで活用を模索する。まずは今年度内に、民泊手続きの案内に導入する計画だ。

「駐車場はどこ?」と入力すると、「どちらについて知りたいですか?」とのメッセージと共に、近隣の駐車場の情報が並ぶ。県が今夏の阿波おどり期…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]