2018年1月19日(金)

1/19 20:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 株、近くて遠い2万4000円 午後の下げは外国人か[有料会員限定]
  2. 2位: コロプラ、白猫訴訟で見えた「崩れたミルフィーユ」
  3. 3位: 仮想通貨、大荒れの一週間 オルト急落で時価総額が一時半減[有料会員限定]
  4. 4位: 東証大引け 3日ぶり反発 金融株高い、上値は限定
  5. 5位: 日米金利差拡大でも進まぬ円安 米予算の行方懸念で[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 7,087,821億円
  • 東証2部 106,356億円
  • ジャスダック 119,982億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.47倍 --
株価収益率19.25倍17.51倍
株式益回り5.19%5.70%
配当利回り1.37% 1.45%
株式市場データ

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 23,808.06 +44.69
日経平均先物(円)
大取,18/03月
23,800 +30

[PR]

スクランブル

フォローする

海外勢、内需株に弱気 アベノミクスの潮目変化も
証券部 竹内弘文

2017/9/13 0:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 12日の東京株式市場で日経平均株価は大幅続伸し、約1カ月ぶりの高値を付けた。北朝鮮情勢を巡る緊張感の和らぎが先物を中心とした買い戻しにつながったが、不動産や食品など内需株の最近の値動きは相場を左右する海外勢の「変心」を映し出す。2万円台を保っていた日経平均の変調は地政学リスクだけでは説明しきれない。

 「長期投資家は日本株に資金を振り向けるそぶりがない」。外資系証券で働く機関投資家向け営業の担当者…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップマーケットトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

スクランブル 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム