2018年5月26日(土)

5/26 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 「無目標」企業の株価軟調 潜む成長サインで再評価も[有料会員限定]
  2. 2位: 円、急伸はつかの間 「トランプ流」に慣れ[有料会員限定]
  3. 3位: 東証大引け 4日ぶり反発、13円高 米朝関係悪化の懸念後退
  4. 4位: マレーシア債務隠し、ギリシャに酷似 日本のリスクは3倍?[有料会員限定]
  5. 5位: 自動車各社の純利益、全社1000億円以上 得意な市場で販売増[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,669,086億円
  • 東証2部 99,348億円
  • ジャスダック 113,613億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.35倍 --
株価収益率14.84倍15.28倍
株式益回り6.73%6.54%
配当利回り1.60% 1.63%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,450.79 +13.78
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
22,440 +30

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

5月25日(金)14:18

官房長官 米朝会談中止「北朝鮮への圧力継続」[映像あり]

ロス商務長官 6月2〜4日に訪中

5月25日(金)13:00

[PR]

スクランブル

フォローする

海外勢、内需株に弱気 アベノミクスの潮目変化も
証券部 竹内弘文

2017/9/13 0:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 12日の東京株式市場で日経平均株価は大幅続伸し、約1カ月ぶりの高値を付けた。北朝鮮情勢を巡る緊張感の和らぎが先物を中心とした買い戻しにつながったが、不動産や食品など内需株の最近の値動きは相場を左右する海外勢の「変心」を映し出す。2万円台を保っていた日経平均の変調は地政学リスクだけでは説明しきれない。

 「長期投資家は日本株に資金を振り向けるそぶりがない」。外資系証券で働く機関投資家向け営業の担当者…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

新着記事一覧

読まれたコラム