/

この記事は会員限定です

食品ロス削減へ、年月表示広がる 味の素やキユーピー

[有料会員限定]

食べられるのに食品を廃棄する「食品ロス」の削減を目指し、食品メーカーや小売りが動いている。かねて飲料で浸透する賞味期限の「年月」だけの表示が、加工食品に広がり始めた。製造後に納品を許容する期限を緩和する小売りの取り組みもみられる。企業の社会的責任(CSR)としてだけでなく、商習慣として放置していた無駄を排除して収益向上につなげる狙いもある。

食品の賞味期限は「おいしく食べられる」期限を示し、経過し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1056文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン