2017年11月19日(日)

尿の診断、在宅で トイレに測定機器→遠隔分析 福岡で実験

2017/9/6 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 ヘルスケアベンチャーのサイマックス(東京・葛飾、鶴岡マリア社長)は、家庭のトイレに尿の成分分析機器を設置して診断情報を通知する健康管理サービスの実証実験を福岡市で始める。人工島アイランドシティで希望する100世帯を対象に、今月下旬から順次、機器を設置する。

 実証実験では、機器を設置したトイレに排尿すると自動で尿のPh値などを測定。測定結果はサイマックスのシステムへ送信、分析される。日々の数値変化…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ

関連キーワードで検索

鶴岡マリアトイレ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報