アピ、抗体医薬品の生産設備増強 子会社に6億円投資

2017/9/6 6:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

医薬品を受託製造するアピ(岐阜市)は全額出資子会社のUNIGEN(岐阜県池田町)の生産設備を増強する。2018年8月期に6億円弱を投じ、がんなどの治療に使う抗体医薬品の製造タンクを導入する。タンクの増設により、複数の品目を生産できる態勢を整える。

UNIGENにはIHIと創薬ベンチャーのUMNファーマが出資していたが、アピが1月に買収した。

設備を増強するのは、UNIGENの本社工場。容量200…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]