オークマ、岐阜にIoT工場 本社工場も刷新 300億円弱投資

2017/9/5 0:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

オークマはあらゆるモノがネットにつながる「IoT」を駆使した工作機械の新工場を岐阜県可児市に設ける。本社工場(愛知県大口町)で手がけている部品の生産を移管し、部品から完成品組み立てまでの一貫生産を実現する。本社工場の刷新工事も含めて2020年までに完成させ、合計で300億円弱を投資する。

可児工場(岐阜県可児市)内に設ける新工場「K6(仮称)」ではマシニングセンター(MC)用の部品を加工する。新…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]