/

この記事は会員限定です

金、節目の1300ドル超え 米政治や北朝鮮リスク意識

[有料会員限定]

限られた範囲での値動きにとどまっていた金相場の風向きが変わってきた。北朝鮮を巡る地政学リスクの高まりや米政治の混乱を背景に、指標のニューヨーク市場の先物価格は先週、なかなか上回れなかった節目の1トロイオンス1300ドルを突破。新たな価格帯が定着する可能性も出てきた。

東京・銀座の貴金属店GINZA TANAKA。1日、金地金の換金を求める客が押し寄せた。この日、買い取り価格は1グラム5002円(税...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1241文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン