/

この記事は会員限定です

JR三江線、廃止後は民営6社が路線バス運行 運賃設定など課題

[有料会員限定]

2018年春に廃止されるJR三江線(三次―江津)の代替交通として民営6社が路線バスを運行することが1日、決まった。中国運輸局と島根、広島両県や沿線3市3町が同日、地元協議会を開き運行計画を最終決定した。ただ、バス車両の購入や停留所の新設、運転手の技能の習熟、鉄道資産の活用、地元住民への周知など作業も多く、残された時間は短い。

三次駅から江の川の南岸で織田産業(広島県安芸高田市)と芸北タクシー(同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り932文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン