LCCスクート直行便 新千歳-シンガポール

2017/9/2 7:01
保存
共有
印刷
その他

シンガポール航空傘下の格安航空会社(LCC)であるスクートは1日、新千歳―シンガポールの直行便を期間限定で開設すると発表した。冬季限定で金曜日と日曜日の週2往復運航する。同社は2016年から同区間の台湾経由便を週3往復運航しているが、直行便は片道の所要時間が最短で約3時間短い約7時間となる見込み。

11月3日に直行便の運航を週1往復から始める。就航当初は金曜日のみで、12月3日以降、日曜日も含めた週2往復体制にする。運航期間は18年2月11日までを予定している。エコノミークラスの運賃は片道9900円から。航空券は9月4日から販売する。同区間の台湾経由便は平均搭乗率が約86%と好調。利用状況などを見て、直行便の定期運航も検討する。

北海道は訪日外国人観光客や道産農産物の出荷増の起爆剤になると期待している。高橋はるみ知事は1日、「人と人との交流に加え、物流面でも北海道の物産をより短い時間で送ることができる。利便性が高まり、相互にとってウィンウィンだ」と表明。スクートの坪川成樹日本・韓国支社長は「シンガポールだけでなく、ASEAN諸国やオーストラリアなどLCC1社で長距離の渡航も可能になる」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]