徳島古代米で新商品続々 ビールやコーヒー風飲料

2017/9/1 6:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

徳島県内で佐那河内村などで栽培された古代米を活用した製品の新規開発が相次いでいる。地ビール生産販売の阿波麦酒(藍住町)は、古代米を使ったビールを年度内に発売。他にも様々な企業が、コーヒー風飲料や甘酒など、様々なジャンルの製品を投入している。高付加価値の製品によって古代米の需要が広がれば、栽培面積が増え棚田の維持にもつながる。

阿波麦酒は近く、古代米の一種である黒米を使ったビールの開発に着手する。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]