/

五輪中は試験なし 首都大学東京、学生が参加しやすく

首都大学東京は30日、2020年東京五輪が開催される7月24日から8月9日の間、特別措置として授業や試験を行わず休みとすると発表した。学生が大会に参加しやすくするのが目的で、首都大によると、大学がこうした措置を講じるのは初めてとみられるという。

担当者は「学生は競技会場で観戦したり、ボランティアに参加したりして、積極的に大会に関わってほしい」と話している。

首都大によると、現在は7月末から8月初めまで期末試験を実施しているが、20年は授業開始日の繰り上げや祝日授業の実施で、大会開催前に試験を終わらせる。パラリンピック期間中は夏季休業中のため、特別措置は講じない。

首都大は東京都が設立した公立大学。運営の指針となる中期目標の中で、20年東京大会への積極的な支援を掲げている。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン