/

この記事は会員限定です

三菱自、18年3月期の純現金収支が改善 日産流で黒字確保

[有料会員限定]

三菱自動車の現金創出力が回復する。企業が自由に使えるお金を示す純現金収支(フリーキャッシュフロー、FCF)は2018年3月期に数十億円の黒字になりそうだ。燃費不正があった17年3月期(1189億円の赤字)から大きく改善する。無駄な在庫を省くなど、同社の会長も兼務する日産自動車のカルロス・ゴーン会長流の経営管理を進めた効果が出る見通しだ。資金は課題だった新車開発に重点投資する。

日産自は16年10...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り941文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン