/

北朝鮮ミサイル対応巡り論戦 民進党代表選

民進党代表選に立候補した前原誠司元外相と枝野幸男前幹事長は29日、日本外国特派員協会で記者会見し、北朝鮮による弾道ミサイル発射の対応などを巡り論戦した。

前原氏は「野党という立場だが、協力すべきところは協力する」と明言した。枝野氏は「安全保障論は自民党と差があるものではない。専守防衛の範囲で自衛力、防衛力を高めていくべきだ」と述べた。

前原氏は「対話を模索することもしなくてはいけない」と力説。枝野氏は「対話を強調する局面ではない」と語った。

7月の都議選を巡って前原氏が「対立軸、政策の基軸となる魅力を出せなかったこと」と敗因を分析。枝野氏は「民進党が小池氏にすり寄っているかのような印象を与えてしまった」と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン