/

麻生氏、ヒトラーによる虐殺「動機正しくてもだめ」

麻生太郎副総理・財務相は29日、自民党麻生派の夏季研修会での講演で「(政治は)結果が大事だ。何百万人殺しちゃったヒトラーは、やっぱりいくら動機が正しくてもだめなんだ」と述べた。戦前ドイツのナチス政権によるユダヤ人虐殺を「動機は正しかった」と擁護したとも受け取られかねない発言だ。野党などから批判が上がる可能性がある。

麻生氏は2013年7月のシンポジウムで「ある日気づいたら、ワイマール憲法がナチス憲法に変わっていた。誰も気が付かないで変わった。あの手口に学んだらどうか」などと発言。野党などから批判を浴び、発言を撤回した経緯がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン