/

この記事は会員限定です

東京農工大、ブタの尿からメタンガス 稲わら混ぜて発酵

[有料会員限定]

東京農工大学の細見正明教授らは、ブタの尿からエネルギー源として使えるメタンを簡単に作る技術を開発した。尿に稲わらを3割ほど混ぜることで、微生物の発酵を邪魔するアンモニアの濃度を下げ、メタンガスの生産を持続させる。現在は機械でかき混ぜる必要があり、装置の費用や電気代がかさんだ。小規模な畜産業者も導入しやすいとみている。

畜産業から出る家畜の排せつ物は年間約8000万トンあり、養豚業が4分の1を占め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り250文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン