/

この記事は会員限定です

小型ロケット「イプシロン」、政府が19年度の打ち上げ1機中止

[有料会員限定]

政府は2019年度に予定していた小型ロケット「イプシロン」1機の打ち上げを取りやめる方針だ。昨年春、プログラムの不備で打ち上げ後まもなく運用中止に追い込まれたX線天文衛星「ひとみ」の代替機の開発費用が宇宙関連予算を圧迫している。宇宙航空研究開発機構(JAXA)と文部科学省は浮いた費用を他の衛星などの開発資金に充てる考えだ。

イプシロンは低価格で小型衛星を打ち上げるロケットとして、JAXAとIHI子会社が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り351文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン