/

この記事は会員限定です

東洋紡、核酸医薬品を受託生産 18年にも参入

[有料会員限定]

東洋紡はバイオ医薬品のひとつ、核酸医薬品の生産受託を2018年にも始める。DNAやRNA(リボ核酸)の合成技術をこのほど確立した。滋賀県内の工場に原薬生産に使う設備を導入する。投資額は数十億円の見込み。東洋紡はこれまでも医薬品の生産を請け負っており、繊維など主力事業より採算の良い医薬分野を強化する。

すでに製薬会社と交渉を進めており、大津医薬工場(大津市)の機器を拡充して生産する。

核酸医薬は人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り439文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません