/

この記事は会員限定です

テレワーク人材受け入れ 大樹町、宇宙産業の流入促す

[有料会員限定]

7月に小型観測用ロケットの打ち上げ場所となった大樹町が、自宅など職場以外で働くテレワークの受け入れを始める。宇宙関連産業の人材が長期滞在できるような環境を整備する一方、都市部のワーカーが自然を楽しみながら働ける新しいテレワークの形も探る。打ち上げによる知名度向上をテレワーク人材の受け入れにつなげ、町内への人材流入を促す。

9月25~27日に、主に宇宙関連産業を対象にモニターツアーを実施する。航空宇...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り724文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン