/

この記事は会員限定です

賃貸契約ネットで完結、東急不・アパマン まず書類電子化

[有料会員限定]

賃貸住宅の契約をネット上で完結させることを目指した取り組みが広がっている。東急不動産ホールディングス(HD)などはまず契約書類をネット上で作成できるようにする。今秋にも賃貸住宅を契約する際の有資格者による入居者への説明が、対面だけではなくネット上でも解禁される見通し。規制緩和後はネット上で契約に関する一連の手続きが済むようにして利便性を高める。

東急不動産HDの不動産管理子会社、東急住宅リース(東京・新宿)は、ソフトバンク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り724文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン