/

この記事は会員限定です

ANAの羽田最終便、広島着午後10時前に 冬ダイヤ、新幹線に対抗

[有料会員限定]

ANAホールディングス(HD)は10月29日から羽田発最終便の広島到着時刻を午後10時前に遅らせる。2021年の広島空港民営化を前に同日から運用時間が1時間延びることで実現する見込み。最終の新幹線とほぼ同時刻まで東京都内に滞在できるようになる。広島―東京間は新幹線の高速化に伴い空路から利用者が流れた経緯もあり、旅客争奪戦が激しくなりそうだ。

空港を管理する国土交通省が広島空港の運用時間を午後10...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り803文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン