/

この記事は会員限定です

電子地域通貨、導入費安く ブロックチェーン活用

[有料会員限定]

仮想通貨を支える中核技術「ブロックチェーン」を活用し、電子化した地域通貨を発行する動きが相次いでいる。飛騨信用組合(岐阜県高山市)は地元の飲食店や小売店で使える通貨を10月下旬に本格導入する方針。近鉄グループホールディングスは9月から大阪市で実証実験を始める。一般の電子マネーなどと比べ導入コストが低い。地域の活性化が課題のなか、利用者の効果的な取り込みにつなげる。

ブロックチェーンは複数のコンピューターで情報を共有、相互に監...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り958文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン