地域情報の翻訳、自治体から請負 エスキュービズムなど

2017/8/20 23:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

IT(情報技術)ベンチャーのエスキュービズム(東京・港)とANAホールディングス子会社の全日空商事は、訪日客の増加を目指す地方自治体向けに、観光地の看板や飲食店メニューなどの翻訳、決済サービスの導入などを包括的に請け負うサービスを9月に始める。2020年までに30地域での導入をめざす。

観光地のホームページをはじめ、地域のあらゆる情報を多言語に翻訳してウェブサ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]