/

この記事は会員限定です

水中ドローン貸し出し 空間知能化研究所、インフラ点検に

[有料会員限定]

筑波大学発ベンチャーの空間知能化研究所(茨城県つくば市、伊藤昌平社長)は10月、水中調査用のドローン(小型無人機)のレンタル事業を始める。小型、軽量で300メートルの深さまで潜航でき、位置や姿勢を自動制御する。ダムや工場などのインフラ点検や漁業調査などの需要を見込む。

空間知能化研究所は映像撮影に特化した水中ロボットを開発する。ベンチャーキャピタルのビヨンドネクストベンチャーズ(東京・中央)、三井...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り227文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン