/

この記事は会員限定です

不動産大手がスタートアップ支援 場所もカネも 未来の顧客自ら育成

[有料会員限定]

不動産大手が創業間もないスタートアップ企業の支援を広げている。森トラストは年内にベンチャーキャピタル(VC)ファンドに出資。三井不動産も企業が持つ休眠特許の海外展開を後押しし、場所に加えてカネやソフトも提供する。スタートアップの支援サービスは米国などに比べ遅れていたが、外資企業が相次ぎ日本市場に参入。危機感を強める不動産大手は未来の大口テナントを自ら育成して対抗する。

森トラストは今冬までに、東京都心のオフ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り751文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン