2019年4月24日(水)

JR東 現美新幹線、初の県外運行 10月に新潟―大宮間

2017/8/18 7:00
保存
共有
印刷
その他

JR東日本は10月、現代アートをテーマにした「現美新幹線」の臨時列車を運行する。通常は新潟―越後湯沢間を運行しているが、臨時列車は運転エリアを拡大し、大宮―新潟間を運行する。新潟県外で営業運転するのは初めてで、新潟への旅行需要の取り込みにつなげる。

臨時列車は10月8日、旅行商品の専用列車として運行する。午前9時38分に大宮駅を出発、午前11時24分に新潟駅に到着する。6両編成で定員は100人(全車自由席)。片道の切符(大宮―新潟)と現美新幹線のオリジナルグッズが付く旅行商品(大人7400円)などを販売する。

同日は燕三条地域の工場見学イベント「燕三条 工場の祭典」などが開かれる予定で、新幹線を通じて新潟県への旅行需要を取り込みたい考えだ。

現美新幹線は現代アーティストが各車両の内装を手掛けた。座席やカーテンがカラフルにデザインされた車両や、座席を取り払って壁一面に写真や彫刻を展示した車両もある。乗客は美術館のように、車両間を行き来しながら作品を鑑賞することができる。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報