/

慶応大の応援歌「若き血」、電車の発車音に

東京急行電鉄は10月、東急東横線の日吉駅(横浜市)の発車メロディーに慶応義塾大学の応援歌「若き血」を1カ月の期間限定で採用する。1、4番ホームで始発から終電まで流す。日吉駅は慶大生の利用が多い。応援歌を通じて学校や地域への愛着を感じてもらう。

若き血は「陸の王者 慶応」のフレーズで知られ、早慶戦をはじめとする学生スポーツの試合や、同窓会などでよく歌われる。東横線の開通と若き血の誕生はともに1927年。今年90周年を迎えることから、東急電鉄が慶大や同窓会組織と組んだ企画として行う。

日吉駅は慶大の日吉キャンパスや付属の高校、中学校などの最寄り駅。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン