/

この記事は会員限定です

横浜市内の空き家活用、民間の知恵で

[有料会員限定]

横浜市内で空き家を有効活用する様々な動きが広がっている。築50年以上のアパートをシェアハウスに改装したり、いわゆる「ごみ屋敷」をコミュニティー活動拠点に改修したりする計画などだ。空き家対策は全国的な課題だが、行政主導の取り組みには限界もあり、民間の発想を生かした試みが注目を集めている。

JR横浜駅から歩いて約10分の急坂を登った高台に、3階建ての白いしゃれた建物が2棟並ぶ。「しぇあひるずヨコハマ」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り858文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン