みどり工学研究所 水位監視システム、アジアで活躍

2017/8/18 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インドネシアの人里離れたジャングルや泥炭地にぽつんと設置されたポール状の設置物。雨量計や水位計など各種センサーに太陽光パネルが備え付けられ、風雨にさらされながらも電力供給無しに自律稼働し続ける。同様の設備が同国内の各地に約100本。設立10年余りの農業土木建設コンサルタント、みどり工学研究所(札幌市)が提供する水位監視システム「SESAME(セサミ)」の目にあたる部分だ。

水位をリアルタイムで監…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]