/

この記事は会員限定です

空飛ぶ車、離陸近づく? ウーバーなど「3年後に実用化」

真相深層

[有料会員限定]

次世代モビリティー(移動手段)の有力候補として「空飛ぶクルマ」が急浮上している。無人機ドローンの技術を使った車のような形の飛行体の開発に世界の有力企業が次々に着手した。ライドシェア(相乗り)など効率的な移動サービスの普及と自動運転やドローンの技術向上が相まって、渋滞を空に飛んでかわそうとする動きが現実味を帯びている。

イスラエル北部メギド。縦6.2メートル、横2.15メートルとヘリコプターの4分の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1443文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン