/

この記事は会員限定です

百度傘下のポップイン、広告主でブランド 画像認識で保護

[有料会員限定]

中国の検索大手、百度(バイドゥ)傘下のポップイン(東京・港)はネット広告の配信主に対し、ブランドイメージを守るサービスを始めた。百度の画像認識技術を使い、交通事故などブランド毀損の恐れがある画像が入ったページへの広告配信を防ぐ。宝飾品など高級ブランドや上場企業を中心に広告を掲載するページの内容を気にする企業が多く、新サービ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り161文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン