/

この記事は会員限定です

国内大手金融、フィンテック企業と連携急ぐ

[有料会員限定]

国内勢もメガバンクを中心にフィンテック企業との連携を急いでいる。

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)はベンチャーとの協業で、人工知能(AI)による為替動向の予測などを進めている。2016年からは自前のベンチャー支援プログラムも始めており、これを統括する亀沢宏規執行役常務は「決済や融資にとどまらず(協業の)間口を広げていく」と意気込む。

三井住友FGはヤフーと提携した。約4千万件の顧客情報から決済や資産運用の動きを分析し、金融商品の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り246文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン