プロ野球

巨人・阿部が2000安打 打てる捕手、光る勝負強さ

2017/8/13 23:58
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 「この選手、タイトル取れる」。ドラフト候補についてスカウトにこう尋ねるのが巨人・長嶋茂雄監督(現終身名誉監督)の常だったが、阿部のときは質問が違った。「キャッチャー大丈夫」

 「守」の不安と「打」の評価。当時の阿部の両面を表す逸話だろう。

 野村克也氏ら2千安打の捕手3人が早くから守でも活躍していたのに対し、阿部は捕球やリードで苦戦した。新人時代、コーチだった原辰徳氏の進言で開幕からマスクをかぶった…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 セ、パ両リーグは17日、9、10月の月間MVPを発表し、セは菅野投手(巨人)と松山外野手(広島)、パは菊池投手と山川内野手の西武勢が選ばれた。菅野は5、7月に続く今季3度目の受賞で、山川は2カ月連続 …続き (15:35)

 引き分けでは勝ち上がれない。何が何でもリードを守りきる。勝利への執念がこもった継投を見せ、3位楽天が西武を振り切った。梨田監督は「みんな一生懸命やってくれた。ブルペンが機能した」と胸を張った。
 流れ …続き (0:53)

四回、西武・野上の暴投で二塁から生還したウィーラー(右から2人目)を迎える楽天ナイン(16日、メットライフドーム)=共同

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(3試合制)は16日、パ・リーグの最終第3戦がメットライフドームで行われ、レギュラーシーズン3位の楽天が2位西武を5―2で下して2連勝を飾り …続き (16日 21:41)

ハイライト・スポーツ

[PR]