プロ野球

巨人・阿部が2000安打 打てる捕手、光る勝負強さ

2017/8/13 23:58
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 「この選手、タイトル取れる」。ドラフト候補についてスカウトにこう尋ねるのが巨人・長嶋茂雄監督(現終身名誉監督)の常だったが、阿部のときは質問が違った。「キャッチャー大丈夫」

 「守」の不安と「打」の評価。当時の阿部の両面を表す逸話だろう。

 野村克也氏ら2千安打の捕手3人が早くから守でも活躍していたのに対し、阿部は捕球やリードで苦戦した。新人時代、コーチだった原辰徳氏の進言で開幕からマスクをかぶった…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 しびれる継投だった。六回、先発の井納が1死一、二塁のピンチを迎えると、DeNAベンチは矢継ぎ早に投手を繰り出した。4番バティスタにはまず三上。二飛に仕留めると、松山に左腕の砂田を当てた。
 砂田が四球 …続き (20日 22:49)

2回、井納の右前打で先制の生還をし、喜ぶDeNA・嶺井。奥は広島・ジョンソン(20日、マツダ)=共同

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)は20日、セ、パ両リーグともに第3戦が行われ、マツダスタジアムでのセは2年連続で3位から勝ち上がったDeNAがリーグ2連覇した広 …続き (20日 22:24)

 1点を返され、なお2死三塁の六回は147キロで会沢を空振り三振にとってガッツポーズ。既に112球を投じながら任された七回は三者凡退に片付けた。粘り強い広島打線にも、球審の辛い判定にも、DeNAのルー …続き (19日 23:56)

ハイライト・スポーツ

[PR]