車の安全評価項目を拡充 国交省18年度から、装備充実促す

2017/8/13 22:36
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 高齢者の運転ミスによる事故の増加などを踏まえ、国土交通省は2018年度から乗用車の安全性能に関する評価項目を増やす。夜間に歩行者を検知して作動する自動ブレーキなど3項目を追加し、適合する車種とメーカーを公表する。安全面を重視した装備の充実を促す狙いだ。

 同省が1995年から実施する「自動車アセスメント」では乗用車の車体強度や運転者の安全を確保する装備の機能を調べ、消費者に結果を公表する。各メーカ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 23:00
23日 22:30
東北 0:00
23日 23:00
関東 2:00
0:00
東京 23日 23:00
23日 23:00
信越 0:01
0:00
東海 14:30
2:00
北陸 2:00
1:30
関西 18:00
17:00
中国 10:11
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
15:23
10:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報