Kudan、瞬時に空間認識 ドローンなどで活用

2017/8/13 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 ソフトウエア開発のKudan(クダン、東京・新宿、大野智弘社長)は自動運転車やドローン(小型無人機)向けに3次元の空間認識が瞬時にできる技術を開発した。カメラの画像を解析して自己の位置を推定し、立体地図の作製や衝突回避機能に活用する。

 自動車メーカーやロボット会社に技術を提供、2020年3月期に30億円の売上高を狙う。

 クダンが開発したのは「SLAM」と呼ばれるコンピューターに人間の目の役割を持…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップ

関連キーワードで検索

大野智弘Kudanクダンカメラドローンslamフォード

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:01
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 22:52
22:45
北陸 6:02
6:01
関西 6:05
6:01
中国 7:01
7:00
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
22:48
22:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報