メダカ、顔で仲間見分ける 東大など、メカニズム探る

2017/8/12 23:33
共有
保存
印刷
その他

 東京大学の王牧芸特任研究員と岡山大学の竹内秀明准教授は、メダカが人と同じように顔で仲間を見分けることができると実験で突き止めた。顔を識別する能力がほ乳類だけでなく魚にも備わっている可能性があることを示した成果だ。今後は様々な遺伝子を働かなくしたメダカで実験し、どのように顔を識別するかを詳しく調べる。

 人では目や鼻などのパーツを組み合わせた顔全体が、個人を見分ける際に重要だ。研究チームはメダカにも同様な識別能力があるか調べた。

 実験ではまず、メスと体の一部を隠したオスを同じ水槽に入れ、ガラス越しに「お見合い」をさせた。ガラスを取ると、メスは尾を隠したオスの求愛をすぐ受け入れた。一方、顔を隠したオスに対しては、ガラスを外し顔が見えるようにしても、すぐには求愛を受け入れなかった。個体の識別には顔が重要だった。

 次に、ガラスをプリズムに変え、相手に顔の上下と左右が逆さまに見えるようにした。その後プリズムを外してもメスはオスに近寄らなかった。目の前のオスが直前まで見ていたオスと認識できなかったとみられる。

 顔が逆さまだと情報が正しく得られず、個人を認識しにくくなる「倒立顔効果」が起こる。サルやヒツジでも、逆さまの顔を見せると群れの仲間や子供だと分からない。ほ乳類以外で倒立顔効果が起こることを明らかにしたのは初めてという。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

研究開発竹内秀明メダカ東京大学岡山大学

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 23:00
23日 22:30
東北 0:00
23日 23:00
関東 2:00
0:00
東京 23日 23:00
23日 23:00
信越 0:01
0:00
東海 2:00
2:00
北陸 2:00
1:30
関西 9:57
6:00
中国 10:11
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
10:01
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報