/

メダカ、顔で仲間見分ける 東大など、メカニズム探る

東京大学の王牧芸特任研究員と岡山大学の竹内秀明准教授は、メダカが人と同じように顔で仲間を見分けることができると実験で突き止めた。顔を識別する能力がほ乳類だけでなく魚にも備わっている可能性があることを示した成果だ。今後は様々な遺伝子を働かなくしたメダカで実験し、どのように顔を識別するかを詳しく調べる。

人では目や鼻などのパーツを組み合わせた顔全体が、個人を見分ける際に重要だ。研究チームはメダカにも同様な識別能力があるか調べた。

実験ではまず、メスと体の一部を隠したオスを同じ水槽に入れ、ガラス越しに「お見合い」をさせた。ガラスを取ると、メスは尾を隠したオスの求愛をすぐ受け入れた。一方、顔を隠したオスに対しては、ガラスを外し顔が見えるようにしても、すぐには求愛を受け入れなかった。個体の識別には顔が重要だった。

次に、ガラスをプリズムに変え、相手に顔の上下と左右が逆さまに見えるようにした。その後プリズムを外してもメスはオスに近寄らなかった。目の前のオスが直前まで見ていたオスと認識できなかったとみられる。

顔が逆さまだと情報が正しく得られず、個人を認識しにくくなる「倒立顔効果」が起こる。サルやヒツジでも、逆さまの顔を見せると群れの仲間や子供だと分からない。ほ乳類以外で倒立顔効果が起こることを明らかにしたのは初めてという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません