2017年11月22日(水)

米農務省、10日に穀物の需給報告 収量予想下げの見方

2017/8/9 23:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 米農務省は10日(日本時間11日)、トウモロコシや大豆など穀物の需給報告を発表する。8月は産地で実際に生育状況を調査した内容を今年度の収穫量見通しに反映させる。これまでの推計値に比べ予想の精度が高まり、作柄を占う上で最も重視され関係者の関心も高い。市場では気温の上昇で単収(1エーカーあたりの収穫量)の見込みを引き下げるとの見方が強い。

 実地調査に基づき、一番精度の高い結果が公表されるのがトウモロ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

政府大豆トウモロコシ米国農務省穀物



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報