2019年1月21日(月)

瀬戸内海で宿泊型ヨット せとうちDMO、運航会社に出資・支援

2017/8/9 5:50
保存
共有
印刷
その他

瀬戸内沿岸7県の官民による観光振興組織「せとうちDMO」は8日、瀬戸内海でヨットによる宿泊型クルーズの事業化に乗り出す瀬戸内ヨットチャーター(岡山県玉野市)を支援すると発表した。DMOの構成企業が出資し、アドバイザリー契約を結ぶ。瀬戸内海でのヨットクルーズを観光資源として育てる。

せとうちDMOを構成する民間企業、瀬戸内ブランドコーポレーション(広島市)が出資・支援する。出資額は非公表。瀬戸内ヨットチャーターは玉野市の宇野港を拠点とし、11月にも主に外国人観光客向けに双胴のカタマランヨットによる瀬戸内海クルーズツアーの提供を始める。

ヨットは全長約12メートル。エアコンやシャワー・トイレを備えた4室(各2人まで)があり、1室単位で利用できる。香川県の直島や小豆島などに立ち寄りつつ瀬戸内海の多島美を楽しんでもらう。料金(ユーロ建て)は3泊4日で1人12~19万円、7泊8日で同20~31万円程度を予定する。

地中海などで人気のヨットクルーズを瀬戸内海で根付かせ、せとうちDMOが目指す広域観光の推進につなげる。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報