2017年12月19日(火)

16年の茨城県内観光客、6180万人で過去最高

2017/8/9 7:00
保存
共有
印刷
その他

 茨城県によると2016年に県内を訪れた観光客数は延べ6180万9千人と、15年から8.4%増えた。5年連続で増加し、統計が残る1981年以降で最高を更新した。訪日外国人(インバウンド)も10.2%増の25万9千人で、過去最高だった。

 調査は県内の主な観光スポット176カ所と168のイベントでの、県内外からの入り込み客数を集計した。

 16年は9~11月に日立市など県北地域で初開催した「県北芸術祭」に約78万人が来場。常陸大宮市と常陸太田市に新設された道の駅には計約125万人が足を運んだ。国営ひたち海浜公園(ひたちなか市)や筑波山(つくば市)もそれぞれ約200万人が訪れた。

 市町村別で観光客数が最も多かったのは大洗町の454万5千人だった。県内最大の海水浴場、大洗サンビーチのほか、アクアワールド茨城県大洗水族館などが人気だった。水戸市(373万7千人)、つくば市(369万6千人)が続いた。

 観光客の消費額は約2730億円で、1.3%増えた。宿泊を伴う県外からの観光客の増加が寄与した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

観光客



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報